准教授が銃乱射なぜ?アメリカの大学の光と影:国際:YOMIURI ONLINE(読売新聞)

うちは来年度から細かく評価の点数が決められるそうで・・・原著論文1報につき何点(インパクトファクター×ハーフライフ)とか、科研費等の外部資金獲得で何点とか・・・。

まさに「パブリッシュ・オア・ペリッシュ(論文を書かなければ消え去るのみ)」の世界に突入でんなぁ・・・

まぁ、研究者は論文を書くのが仕事なので、こういう評価も必要ではありますが、すぐ結果が出る研究に走ってしまって、長期的で壮大な研究計画を立てにくくなりますなぁ・・・