『うさき』の記事にお酒の話題を追記しましたが、すでに一昔前の記事になってしまったので、改めて再掲を・・・

===ここから===
で、Cindyさんからこのブログにはあまりお酒の話題が出てこないとのご指摘ですが、僕はあまり自分から進んで飲むってことはないですねぇ。
というのも・・・

1.酔っ払って愉快な気分になるまで飲むには、かなりお金をつかわないといけない。
2.愉快な気分になるまで酔っ払ってしまうと、次の日の筋トレのパフォーマンスが劇的に低下する。
3.心底おいしいと思える(飲まずにはいられなくなるような)お酒にまだ出会っていない。

・・・などの理由からですね。

上の2番に関しては、最近、特にひどいですね。日常生活レベルでは特に何も感じないんですが、筋トレで限界に挑戦するときに、やはり、前日のお酒の影響を感じずにはいられません。そうすると、お酒でハッピーになった以上にブルーになって落ち込んでしまうので、あまり飲まなくなってしまいましたね。

3番に関しては、おいしいと思ったら理性が働かなくなる質(たち)なので、多分、おいしいと思ったら、朝から仕事そっちのけで飲んでますね。カレーやマグロなら、毎日、朝から晩まで食べていても誰にも迷惑かけないので知ったこっちゃないですが、お酒はさすがにヤバいですねぇ。社会的な立場だけでなく健康をも失ってしまいますねぇ。

・・・と、まあ、こんな感じで、普段はあまり飲みません。

あ・・・でも、飲むとしたら、ビールならプレミアムモルツギネス、焼酎なら鍛高譚、ワインはドイツのアイスワインか貴腐ワインですね。
父親の影響で、ホッピーもよく飲みます。
あと、手っ取り早く酔いたいときは、アルコール度数96のポーランドのスピリタスが最高ですねぇ。

アイスワイン
愛・地球博会場で試飲させてもらったアイスワインたち。