今日、内視鏡検査を受けました。

ずいぶん前から食後、右脇腹に違和感があったのですが、最近、特にひどく、時には激痛が走るので、父が受診している実家近くの胃腸科に行きました。
そのクリニックは、食事を1回抜いてさえいれば、予約なしでも内視鏡検査をしてくれるとのこと。

研究でもそうですが、やはり、間接的な検査をいろいろ受けるよりも、直接見るのが一番説得力があります。
また、父親からの予備知識で、まったく苦痛はないというので、ここは一念発起・・・勇気を出して行きました。

最初に何やら液体を飲み、その後、ペースト状の麻酔薬をのどに保持するように言われましたが、これがなかなか難しい。
だんだんと麻酔が効いてきて、のどの辺りがしびれてくるのがわかるのですが、飲み込んだらヤバいと勝手に思い込み、独りもがき苦しんで(笑)いました。
しばらくしてから看護師さんから、「はい、もう飲み込んでいいですよ。」と言われて愕然・・・いままでの決死の努力はなんだったのか・・・。

そして検査室へ・・・まず、仰向けになり、とどめとばかり麻酔をのどにスプレーされた後、横向きになり、マウスピースをつけ、いよいよ内視鏡が体内へ・・・。

麻酔しているとはいえ、最初は少し苦しく、咳が止まりませんでしたが、やがて慣れてきて快感に♪・・・はなりませんでしたが・・・。

ベッドの横にはモニタがあり、検査の様子が映しだされています。
初めて見る食道、胃、そして十二指腸はきれいなピンク色をしていました。
結局、潰瘍などは見つからず、問題なしという結果でした。

しかし、人体の神秘・・・というか、こんなただのピンク色のひだひだの器官が食べたものを消化・吸収するのかと思うと感動してしまいました。
今までは、早食い、丸のみに近い食事をしてましたが、これからはちゃんと咀嚼してから胃に送り込もうと決心しました。

検査後、いつも感じていた食後の違和感は軽減されていました。
精神的なものだったのでしょうか、自分の勝手な解釈ですが、肩凝りと同じように胃のまわりの筋肉が凝っていたのかと、そう思っています。

ともあれ、健康であることの重要性を再認識した1日でした。