ココイチが猛烈に僕を呼んでましたが、心の中でさわやかに「また明日ね。」とつぶやきながら家路につきました。