・・・念願の吉牛(まさに吉“牛”ですね)を食べることができました

吉牛