・・・って、すごいタイトルですが、今日も昨日に引き続き、飯島真理さんのライブに行ってきました。

初日の経験を生かして、今日は下手(しもて)側のベストポジションを確保

昨日はネタバレするので書きませんでしたが、今日も真理さんの“お知り合い”(爆)のユニット、Tomorrow's Childが前座ですばらしいステージを披露してくれました
しかし、2人ともデカくなりましたねぇ。

そして、真理さんの登場

秋に発売予定のニューアルバムに収録予定の色っぽい(ご本人談)ナンバー、Broken Computerからスタートです。

って、胸と背中が大きく開いた衣装で、ジャネット状態になってしまわないか気にされてましたねぇ。(爆)

今回のライブでは、秋に発売予定の“Uncompromised Innocence”というニューアルバム(世界に向けて発信するので、英語中心。)に収録予定の曲だけでなく、初期の作品も聴くことができた大満足でしたねぇ
特に“今は・・・”などは、僕が高校生の頃にドーナツ盤で聴きまくってた曲なんですが、まさか生で聴けるとは・・・うるうるもんですわ。

さらに、今回のライブのビッグ・サプライズは、マクロス時代の代表曲を2曲も(“私の彼はパイロット”“愛・おぼえていますか”)聴けたことですねぇ。
うぅ・・・どこまで目頭を熱くさせてくれるんだ・・・って感じでした・・・僕の半生が走馬灯のように・・・

そういえば、真理さんのライブにはずいぶん前から出席してますが、ここ数年、トークがものすごくおもしろくなりましたね。
いい意味で飾らない・・・というかぶっちゃけトークが増えて、爆笑してしまうことが多くなりました。
それでいて、人生に対する教訓みたいなのも盛りだくさんで・・・今回は、“物事がうまくいかなくても24時間以上落ち込まないこと”・・・という、ありがたきお言葉を頂戴しました。
24時間経ったら、自分のほっぺたをたたいてリセットするそうです。(爆)

と、そうこうして感動してるうちに、本編は終了。

場内は、アンコールの手拍子でわき上がり・・・でも、なっかなか出てこられません
どうされたのかなぁ・・・と心配していると、カラフルなワンピースに着替えられてさっそうと登場
しかも、生脚で素足

今日は2度目のアンコールの後も手拍子が鳴り止まず、あいさつにだけ出て来てくださったんですが・・・

できるだけ世界中の多くの人たちに自分の音楽を知ってもらうため、1度成功した日本には戻らずにこれからも世界に向けて挑戦し続ける・・・と、涙ぐみながらの熱きメッセージに心底感動しまくりました。
真理さんの中で、チャレンジ精神の炎はめらめらと燃えているとこのと・・・まさに、炎のシンガーソングライターですねぇ。(やっと、タイトルに結びつきました


真理さんは、来週のファンの集いツアー(あぁ・・・行きたかったっす。)が終わったらロサンゼルスに帰ってしまわれますが、ものすごくまめにブログを更新されてますので、日本在住のときよりも身近な存在になってますねぇ・・・インターネットさまさまです。

こうして、感動の2デイズはあっという間に終わってしまいまして・・・次はいつ生歌を聴くことができますかねぇ・・・って、やっぱりライブ、特に今回のような数百人スケールのライブは真理さんとの距離も近く、臨場感が半端じゃないので最高ですねぇ。

サイン
終演後のサイン会では、昨年のiPodに引き続き、愛機のPowerBookにサインしていただきました